チューニング:DTEでパワーをたっぷり注射

車にぴったり、ドライバーにはたまらない

最も有名なビタミンは“C”です。Mercedesでは長い間このアルファベットが重要なそしてサクセスストーリ担う大役を務めてきました。Cクラス(W205)から4種類のスポーティな車両が生まれてきたことは既にご存知のこと。そしてその中でも最もパワフルな一台はC 63 AMGです。エントリーモデル、ベイビーベンツであるCクラスにビタミンをたっぷり与えた効果は?476 PS、650 Nmのパワーで大物達と並んで競えるようになりました。

もっとパワーを!

ビタミン摂取がもたらす効果は奇跡のようにも思われます。腕まくりをしてノウハウを投入すればMercedes C 63 AMGのパワーはまだまだ引き出せます。それも多量に。ガソリンエンジン用PowerControl FSRをもってDTEはそれを堂々と証明しました。

エンジンルームにぴったりと補助制御装置を取り付け全ての中央センサーに接続:ブースト圧力、カムシャフトセンサー、そして燃料噴射のためのセンサー。これによりインプットされる信号がリアルタイムで処理、最適化され、コントロールユニットに伝送されます。
 

能力が生み出す技術

ビタミンCは細胞代謝全体の活性剤として機能し、DTEのチューニングにも同じことが言えます。Mercedes C 63 AMGの性能が活性化されます。エネルギーたっぷり、パワーに満ち足りて、その大きな唸り声は雨を呼ぶかのように、

新しく出力が集結され、600 PSにいたる馬力が頂点へと駆け上がります。オプションのPedalBoxを利用すればこのパワーがストリートにもスピーディに伝動されます。PedalBoxのコントローラはセンターコンソールに固定され、ドライバーはCクラスがどの程度のパワーで加速をするか決定することができます。
 

DTEのPowerControlとPedalBoxで最大限の出力と加速

Mercedes C 63 AMG (W205) // 476 PS、650 Nm

  出力 590 PS (+ 114 PS)
  トルク 816 Nm (+ 166 Nm)

 

特徴のまとめ

  • ガソリンエンジンの出力とトルクをアップ
  • 広範囲にわたる保証付き
  • プラグイン技術を利用、数ステップで簡単に取り付け