DTEのチューニング技術

安心にチューニング

PowerControlはエンジンマネージメントシステムの中央センサーに接続されます。これによりインプットされる信号が収集、最適化され、ダイナミックにコントロールユニットに伝送されます。各エリアを通して全ての制御パラメーターが最適化されます。DTEはここで最新のチューニング技術を採用しています。

シャシダイナモメータでシャシダイナモメータで精確な測定値
BMW M 235i: チップチューニング各車両のための精確な調整
性能測定開始理想的なチューニング完成

マルチマップ技術

各パフォーマンスレベルのためのマップ

DTEシステムで開発されたマルチマップ技術ではコモンレール圧、ブースト圧、ターボ圧、インテーク圧、空気量など最大5チャネルまでのパラメーターがリアルタイムで最適化されます。PowerControlは最新技術が搭載された技術的に複雑なエンジンで、必要となる全てのエンジンパラメーターを多次元マルチマップを利用し完璧に制御します。これはSport、Dynamic、Efficiency*から最大3つ選択することができるプログラムに従って実行されます。

ディーゼル微粒子捕集フィルターと併用可能

クリーンなパフォーマンス

マルチマップ技術のもう一つのメリットは法規制および各車両に該当するエミッション値を維持することができる点です。全てのパフォーマンスエリアで燃焼が最適化され、燃料は100%効率的に活用されます。PowerControlはディーゼル微粒子捕集フィルターが搭載されている車両でも十分にその実力を発揮することができます。車両ぴったりの製品に付属する部品証明書が排気ガス値が上がっていない点をしっかりと裏付けています。

適応型センサーシステム

ドライバーの希望に応じてインテリジェントにチューニング

適応型センサーシステムは関連する全てのエンジンデータをベースにエンジン各部の負荷状況を認知し、それに応じて性能向上の準備をしっかりと整えます。例えばドライバーが追い越しでたっぷりの出力を要求すると、チューニングは自動的に性能をアップします。性能アップが呼び出されなければチューニングはスムースに低下されます。車両に搭載されているエンジン・マネージメントシステムへの完璧な適応は同期的にそしてダイナミックに実行されます。そしてこれは負荷状況に適応しているだけではなく、最大限の出力を引き出すためにトルクにも依存します。必要ならばパワーをアップ、可能なら燃料消費を抑えて‐これがDTE技術を満載した適応型チューニングです。

自動調整機能

装置がどんなドライバーにも自動的にぴったりと走行をあわせていきます。

このイノベーションのおかげでDTEのシステムはそれぞれの車両のインディビジュアルな特性をしっかりと学習することができます。メモリー機能が慣れ走行段階で様々な燃料噴射サイクルの個別データを収集します。このように集められた情報が最適化のベースを築き、生産許容値を均等化しどんな車両でも理想的な結果を出すことができます。これら全てには煩わしい手動での設定は全く必要ありません。

Engine Protect+

あなたの車両に安全性をプラスします。

DTEはEngine Protect+をもって安全性に新しいスタンダードの数々を提示します。この機能はエンジンマネージメントシステムからの信号を継続的に監視し、接続されているセンサーおよびエンジン・マネージメントシステムを過負荷からしっかりと守ります。燃料混合気は物理的に効率性の高い範囲に留まり、エンジンの保護機能は維持され、法規制されているエミッション値への影響もありません。

マルチプロトコール技術

チップチューニング業界のマイルストーン。

PowerControl SNTの革新的なマルチプロトコール技術はアナログのそしてデジタルのエンジンマネージメント技術を統合しました。DTEチューニングはデジタルのSENT信号を、そしてそれと平行してエンジンマネージメントシステムのアナログ信号を収集、そして最適化します。PowerControl SNTはデジタルSENT技術を採用した最新世代の全ての車両をチューニングすることができます。